シニア向け!らくらくスマートフォンmeF-01Lとは?

6月 16th, 2019

シニア向けスマートフォンとして2019年2月15日に発売されたらくらくスマートフォンmeF-01Lは、あんしんをぎゅっと詰め込んだ今もっとも注目のスマホです。画面や文字が大きいので、年配の方でも安心して使うことができますし、何より見やすい点が特徴です。メールのやりとりはもちろん、他のアプリも大きめサイズになっているので目を細めてみることもありません。ガラケーのようにボタンを押すような感覚でタッチ操作ができるので、ボタンの押し間違いもありません。OSはandroid8.1を搭載、アウトカメラは1300万画素、インカメラも500万画素あるので普段の写真撮影程度なら十分です。万が一水まわりで使っていて濡らしてしまっても安心して使える防水・防塵加工が施されているので安心です。操作方法が分からない時もらくらくフォンセンターにすぐに繋がるので、困ったをすぐに解決してくれます。両親や親戚の方にスマホを勧める時は、是非らくらくスマホを参考にしてみてください。

blackberry KEY2 RED editionが人気の理由!

6月 9th, 2019

ブラックベリーKEY2の新色となる「blackberry KEY2 RED edition」が人気の理由は、まさにキーボードの打ち込みやすさ、入力システムに「iWnn」を採用しているため日本語でも更に快適に打ち込めるようになっています。OSはandroid8.1を搭載、バッテリーも3500mAhあるので、一度充電すれば十分長持ちします。カメラもアウトが1200万画素のデュアルカメラを搭載しており、背景をぼかした人物撮影が可能です。SNSにこうしたおしゃれな写真を載せる方、よくカメラ機能を使う方にもおすすめです。ビジネス用スマートフォンとして開発されていますが、カメラ機能も充実しているので主婦の方や学生の方も楽しめます。KEY2はブラック、シルバーの二色展開でしたが今回100台限定でRED editionが発売されたので是非、チェックしてみてください。これがブラックベリーの最新機種の魅力といえます。

pixel商品の画像リーク

5月 25th, 2019

スマホのリーク画像はいつ見てもワクワクするものがありますね。今回はその中でもpixelシリーズの新しいスマホと思われる、「pixel 3a」のリーク画像に触れていきたいと思います。画像だけなので内容まではわかりませんが、色が新しかった為興味を引かれました。色は薄い紫色といえばいいのでしょうか、今までにpixelシリーズで見たことない色でした。このスマホの販売は既存のスマホの色ももちろん出ると思いますが、この新色も追加されるでしょう。びっくりすることにこの色は綺麗な配合でかなり綺麗なのです。私個人の勝手な意見ですが、紫というとお年寄りの年層が使っているイメージがある為、紫色はあまり使ってきませんでしたがこの色はどの年層でもいけると思います。とても薄いわけでもなく、主張も強いわけではない為誰が使っても満足いく作品でしょう。ただ見た目だけでなく機能もきになる為、絶対に買うとまではまだ決められないですね。

発売延期になったスマホ

5月 17th, 2019

「Galaxy fold」と言うスマホをご存知ですか。このスマホは韓国サムスンの折りたたみ式スマートフォンです。実はこのスマートフォン4月26日に発売される予定でした。しかし、発売直前に延期するという情報を発表し、その延期された発売日が6月13日に決定しました。この延期の理由は、主に動作上の問題であり、詳しく言うとヒンジ部分の構造上の問題と、内部に何らかの物体が混入した可能性があるからだそうです。サムスンはレビュー用に配ったスマホも全て回収して、今後は画面の強化と表面の保護レイヤーを剥がさないように、との注意をわかりやすくしながら表明すると言っています。この変更された期日は決定と言うわけではなくまた変更があるかもしれないとも言っていました。決定した期日は数週間以内に発表するそうで、まだ何とも言えません。6月13日に延期しただけで修理に間に合うかも疑問であり、あまり期日には期待を持たない方がいいかもしれません。

モトローラの新スマホの予測

5月 15th, 2019

以前に私はモトローラの新しいスマホについて話しました。背面に4つのカメラがついているスマホについてです。しかし、今回私が見たとある記事ではその4つのカメラがついてるスマホよりも先に、3つのカメラがついているスマホが、先に販売される可能性がある内容でした。私が読んだ記事では、とある著名の方のリークにより画像を入手したそうです。その画像は恐らく、モトローラが開発していると思われる「P40 Power」と呼ばれるスマホだそうです。スマホ自体のスペックはミドルレンジと予想されており、そうなると価格もそこまで高くないでしょう。見た目は「P40」に酷似しているそうで、この「P40」も近いうちに登場すると噂される端末だそうだ。私がこの記事を読んで思うことは、モトローラのスマホにはいつも驚かされるのだが、やはり4つのカメラがついてるスマホのインパクトが強いからなのか、少し印象が薄い気がするのだ。一つのカメラでどこまで違うのか見てみたい所だ。

教職員の働き方改革は? 浜松・積志小で移動教育委員会

1月 28th, 2019

浜松市教委は11月26日、移動教育委員会「語り合おう!はままつの教育」を東区の積志小で開きました。花井和徳教育長と教育委員が同校教職員ら約40人と「教職員の働き方改革」をテーマに意見交換したもので、教育現場の実情について理解を深めたのです。同校では2018年度から、教員の事務作業を支援する校務アシスタントと勤務実態を把握するタイムカードが導入されています。各担任から校務アシスタントについて「とても助かる。元教員だから不備に気付いて声を掛けてくれるのがありがたい」、「子どもと向き合う時間が取れる」などの意見が出ました。一方、テスト採点では採点基準のずれの有無や個々の理解度を確認するために再チェックをしているとの話もありました。試験的に実施しているタイムカードの導入後、長時間労働が減った教員がいる一方で、これまで労働時間を過少申告していたために労働時間が長くなった教員がいる状況も共有したのです。

企業幹部に聞く働き方改革「楽しく結果出す文化」へ-勤労感謝の日

1月 13th, 2019

政府が2016年秋に働き方改革を提唱して約2年が経ちました。労働人口減少や長時間労働の是正、生産性向上などが狙いで、関連法案も来年4月から施行されます。こうした中、企業では時間短縮など物理的な面だけでなく「意識改革」の必要性も認識されているようです。安倍晋三首相が打ち出した改革には、少子高齢化社会を迎える中で、日本経済が国際競争力を維持、強化していく狙いがあります。23日の勤労感謝の日を前に企業幹部に聞きました。
<米リンクトイン日本代表の村上臣氏>
『本質的な働き方改革は経営陣による業務プロセス改善への努力なしに実現しません。業務電子化や自動化で仕事のプロセスごと変える必要があります。日本では経営層のITリテラシーが欧米に比べて低く、新しいスキルを学び続け、企業も人もアップデートすることが重要です。「自分が成長できるか、楽しいか、尊敬する人がいるか」を重視する新社会人にとって「楽しく働いて結果を出す文化」創りがますます重要になるでしょう。』

ロボ技術高校生らに指導 会津大、南相馬で研修会開講

12月 24th, 2018

福島県会津若松市の会津大によるロボット技術研修会は十日、南相馬市原町区の県テクノアカデミー浜で開講しました。会津大の教員らが十二月下旬まで計五回、南相馬市内の高校生らにプログラミングやロボット組み立てを指導行うということです。会津大が同大以外の学生向けにロボット技術の研修会を開くのは初めてです。会津大と南相馬市の福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想実現に向けた連携協定に基づく人材育成事業の一環です。受講生は南相馬市に整備が進む福島ロボットテストフィールドで一部競技を実施する二〇二〇年の国際大会「ワールドロボットサミット」出場を目指すということです。小高産業技術高の産業革新科や機械科の八人と県テクノアカデミー浜の計測制御工学科の三人が受講していて、初回は会津大のロボット情報工学の教員がパソコンを使ったプログラミングを基礎から指導しました。今後、南相馬ロボット産業協議会員が災害現場で活用されるロボの小型版の組み立て方を教えるということで、十二月二十二日の最終講義で、組み立てた機体をプログラミングして遠隔操作するまでを学びます。

クラウドファンディング家電~2万円アンダーで実現する既存住宅のスマートホーム化!

12月 17th, 2018

アクセルラボは、既存住宅を一括してスマートホーム化する「alyssa.play」を、クラウドファンディングプラットフォーム、MAKUAKEで出品しています。価格は、基本となるスターターキットが14,800円(税込)から購入可能です。また、オプションとしてスマートロック、360度回転可能なスマートカメラ(防犯カメラ)、BLEND Light Bulb(間接照明×3)、モーション/人感センサー、スマートスイッチなどが用意されているのです。製品はいずれも、既に世界で販売されているLifeSmart社とDanalock社の製品です。これらを、アクセルラボが開発したスマートフォン用の「alyssa.play」アプリで、操作できるようにしたということです。スマートフォンからエアコンや照明などを遠隔操作できるほか、Amazon Echo やGoogle Homeを使えば、音声操作も可能になり、クリッカーを設定すれば、例えば外出する際に照明やエアコンなどの家電製品を一括でOFFにしたり、帰宅時に一括でONにしたりもできるということです。

株式会社キャスターのテレワーク

12月 2nd, 2018

オンラインアシスタントサービスやデザインエージェンシーなどを展開する企業に「株式会社キャスター」という情報通信業の企業があります。
株式会社キャスターはテレワークを前提で組織を構築しており、全社員をテレワークの対象にして必要に応じて実施しています。
この企業のテレワークは上限日数がありませんので必要と感じたら何日でもテレワークを実施することができますし、実施する時の申請が必要ありませんので新入社員でも初日からテレワークを実施することができます。
また、オンラインで完了させれる選考フローを採用していますのでどこに住んでいても採用活動を行うことができます。
それと、移動や業務などの就業に関わる時間のうち、移動をなくして生産性を向上させることを目指しています。
こうしたテレワークを導入した結果、短期間で多くの人員を確保できるようになりましたし、実際に採用募集を行うと月に500件~1000件くらいも応募があるということです。