Archive for the ‘未分類’ Category

 

中国の有名企業「ゼット・ティー・イー」

水曜日, 8月 14th, 2019

“中国の有名企業で、且つ、代表的なスマートフォンを手がけている企業をリサーチすると、「ZTE(ゼット・ティー・イー)」が良く見つかります。
ゼット・ティー・イーは、中国企業の中でも、特に基地局などの通信設備に力を注いでいる企業です。その後、ゼット・ティー・イーはモバイルといった無線商品も販売するようになったのですが、今ではモバイルも含めて、中国を代表する通信機器メーカーになりました。
ちなみに、ゼット・ティー・イーの正式な会社名は、「中興通訊(ZTE Corporation)」です。通称はゼット・ティー・イーが多く、ゼット・ティー・イーの設立年度は1985年となっています。
ゼット・ティー・イーは世界的にも有名な企業のため、資本金についても34億元を超えることが2012年時点で判明していますし、従業員数については不明という状況になっているのです。ゼット・ティー・イーの代表的なスマートフォンの中には、世界的にも有名な「AXON、Bladeシリーズ」が含まれます。”徹底比較!ここがスゴい!Galaxy S9|S9+ – Galaxy S7 edgeからの進化ポイントを検証

VIVO X27はここがすごい!

日曜日, 8月 4th, 2019

VIVO X27は、前モデルと比べて乾いた指で操作した時の承認率が50%もアップしています。料理をしたり、濡れてしまった手で触ってしまうとどうしても反応しないということがありましたが、今回のX27は乾いた指で触ればほとんど反応してくれるので操作も簡単、快適に行うことができます。調べものをしたり、料理をする時にメニューを検索したいと思った時にスムーズに使える点は魅力ですよね。また、撮影したい!と思った時にカメラを向ければ、本体内部に搭載されているフロントカメラが0.68秒で昇降します。一秒かからずにカメラが動くので、撮りたい!と思った瞬間を逃しません。軽くて持ち運びにも便利な6.39インチの画面いっぱいに広がる有機ELディスプレイも魅力です。加えてバッテリー容量が4000mAhとなると、一日の中でSNSをみたり動画やゲームをしても十分に使える容量を備えています。旅行先で道を探す時もこれだけのバッテリーがあれば、途中で充電することもないのでとても快適に過ごせます。是非、新しいスマホをお探しの方いかがでしょうか?

arrows Be3 F-02Lはここがすごい! 

金曜日, 8月 2nd, 2019

androidスマートフォンは海外メーカーが多いですが、arrows Be3 F-02Lは富士通の日本製メーカーです。2019年夏モデルとして発売されたこちらの最新機種は、徹底的にこだわった文字の読みやすさが大きな魅力の一つです。指一本触れるだけで、通常の画面よりも簡単に1.5倍に拡大されます。また指一本で画面が縦にも横にもなるので操作が非常に簡単になっています。さらに有機ELディスプレイだから画面が綺麗です。スマホでニュース記事をよく読む方、細かい文字もしっかり読みたい方におすすめです。また1.5メートルの高さから落下させて耐久性を測る試験にも合格しているほど、本体は非常に頑丈にできています。万が一、電話をしている途中に本体を落としてしまっても安心して使うことができます。耐久性に優れた日本製のスマホをお探しの方、androidスマートフォンでも日本製にこだわって選びたい方におすすめです。

ASUS ROG Phoneは高速駆動対応!

土曜日, 7月 27th, 2019

スマホでゲームを楽しみたい方におすすめなのが、ゲーミングスマホASUSのROG phoneです。スピードを重視した高速プレイにも対応、有機ELディスプレイ搭載だから画面も非常に綺麗で滑らかです。画面をタッチした時の応答速度も速く、スピード感のあるゲームを楽しむ時も快適に楽しむことができます。ついつい熱中しやすいゲーム、長時間使い続けた時に本体が熱くなってしまう場合にも安心して使える冷却ファンが内蔵されているので安心です。高負荷なゲームプレイでも、最高のパフォーマンスを楽しみながら熱いバトルを楽しむことができます。バッテリー容量も4000mAhあるので、一日中使い続けても快適に使えます。ゲーミングスマホでありながら、防水機能にも対応しているので万が一の場合にも安心して使える点も嬉しいですね。バッテリー充電時間は1.9時間なので、フル充電するには少し時間がかかるかもしれませんが、ゲームを楽しみたい方には十分な機能を搭載しているので満足でしょう。

OPPOのAX7とはどんな機種?

土曜日, 7月 20th, 2019

無料の貸し出しサービスが開始されているOPPOのandroidスマホ「AX7」は、一体どんな機種なのでしょうか?気になっているけど、色々なスマホがありすぎて迷っているという皆さん、是非参考にしてください。AX7は、2018年12月に発売されたOPPOのSIMロックフリーのスマートフォンです。本体価格29,880円とandroidスマホとしては、かなり価格も抑えられた格安スマホといえます。これだけ安いと心配になる方も多いかもしれませんが、バッテリー容量はなんと4230mAh、一日中使い続けても問題ありません。また本体には、反射防止加工が施されているので全体の明るさが際立ちます。また画面いっぱいに広がる見やすいディスプレイと、持ちやすいサイズ感が特徴です。カメラも1600万画素あるので、普段使いに使う分には文句なしでしょう。格安だけどある程度使えれば十分、といった方にオススメのスマートフォンです。

Xperia1 so-03Lのスペックとは?

金曜日, 7月 12th, 2019

Xperiaシリーズの最新機種「Xperia1」の気になるスペックについてみていきましょう。ディスプレイは21:9の大画面が楽しめる6.5インチ、4Kかつ有機ELディスプレイ搭載です。またこれだけ大画面でありながらも、バッテリー容量は3200mAhあるので、動画やゲームも気兼ねなく楽しめます。それからよくカメラを使う方には嬉しいXperia初となるトリプルカメラを搭載、アウトカメラはそれぞれ1220万画素、インカメラは800万画素となっています。「標準」「望遠」「超広角」の三つからなるトリプルレンズ搭載なので、ふんわりとしたボケ感を出す事も可能です。撮った写真をしっかり保存できるRAMも6GB,ROMも64GBあるので安心して使うことができます。防水防塵加工もそれぞれ対応、うっかり水に濡らしてしまっても本体に水が入ることはほとんどありません。安心して使える点も嬉しいですね。2019年6月中旬より発売なので是非チェックしてみてください。

Xiaomi Redmi7を購入するなら輸入品を!

日曜日, 6月 30th, 2019

シャオミの「Redmi7」は、本体価格が安くてカメラも十分な機能を搭載しています。端末本体の価格を抑えたい方には、非常におすすめのスマートフォンです。ただし日本での発売はされていないので、購入を検討されている方は輸入品を入手しましょう。日本で発売されていないスマホを入手するとなると、ハードルが高く感じられる方も多いのですが、そんなに難しいことはありません。シャオミの「Redmi7」を扱っている通販サイトで購入するだけです。ただし、輸入品を購入するのでその分送料がかかります。シャオミのRedmi7は、中国の商品なので送料はだいたい2,000円ほどかかると思ってください。店舗にいかずに購入できる点、日本のスマホを定価で購入しようと思えば数万円かかるので、多少送料がかかっても安くしたい方は是非、ネットで注文して輸入品を入手しましょう。詳しい入金方法なども記載されているので、購入前にしっかり確認してくださいね。

galaxy S10は五つのレンズがついている!

土曜日, 6月 29th, 2019

galaxy S10は、なんと五つのレンズがついた素人でもプロ並みの撮影が可能になったマルチカメラが特徴です。普段の景色は、もちろん旅行先でみた美しい景色をみたそのまま残せる「望遠カメラ」「広角カメラ」「超広角カメラ」と、「デュアルピクセルインカメラ」「深度カメラ」の五つのレンズによって撮影されます。高い木やビルなど、高さのある景色も望遠カメラが可能にしてくれます。また暗い場所でも明るい場所でも、人間の瞳のように光の量に合わせてレンズが瞬時に反応し、適切なシャッターチャンスを検知して自動でベストなタイミングで撮影することができるので、見たそのままの景色をカメラに残すことができます。子供の誕生日の写真など、暗い中でもきれいに撮れるのはこのレンズのおかげなのです。暗い場所でもはっきりくっきりとした美しい写真を撮れるのは、光の量を調整してくれるレンズのおかげです。スマートフォンでよく撮影をされる方は、是非カメラの機能にも着目してみてくださいね。

vivo V15 Proはおさいふケータイには非対応!

日曜日, 6月 23rd, 2019

現金を使わずに買い物をする方が増えており、おさいふケータイを普段から利用されている方はスマートフォンでの決済を重視して選ぶ方も多いでしょう。vivo V15 Proは、残念ながらおさいふケータイには対応していないので注意が必要です。普段からFeliCa搭載端末を利用されている方にとっては、こうした機能がついていないとライフスタイル自体を変えることにもなるので、ストレスが溜まってしまうかもしれません。ただ、LINEペイや楽天ペイなどのQRコードでの決算には対応しているので安心してくださいね。何かと便利なおさいふケータイの機能がついているといちいち小銭を出し入れしなくて済みますが、vivo V15 Proにはないので注意して選びましょう。それ以外のスペックとしては、OSもandroid9.0を搭載していますし、重さも185gと軽量、持ちやすくてシンプルなデザインが魅力です。どんな機能を重視して選びたいか考えてみるといいですね。

シニア向け!らくらくスマートフォンmeF-01Lとは?

日曜日, 6月 16th, 2019

シニア向けスマートフォンとして2019年2月15日に発売されたらくらくスマートフォンmeF-01Lは、あんしんをぎゅっと詰め込んだ今もっとも注目のスマホです。画面や文字が大きいので、年配の方でも安心して使うことができますし、何より見やすい点が特徴です。メールのやりとりはもちろん、他のアプリも大きめサイズになっているので目を細めてみることもありません。ガラケーのようにボタンを押すような感覚でタッチ操作ができるので、ボタンの押し間違いもありません。OSはandroid8.1を搭載、アウトカメラは1300万画素、インカメラも500万画素あるので普段の写真撮影程度なら十分です。万が一水まわりで使っていて濡らしてしまっても安心して使える防水・防塵加工が施されているので安心です。操作方法が分からない時もらくらくフォンセンターにすぐに繋がるので、困ったをすぐに解決してくれます。両親や親戚の方にスマホを勧める時は、是非らくらくスマホを参考にしてみてください。