「HUAWEI P30 lite」購入時の注意点

“コスパ重視スマートフォンとして人気のHUAWEI P30 liteですが、注意したほうが良いポイントもあるので気をつけてください。
まず、HUAWEI P30 liteは「バッテリー容量が3340mAh」となっているため、SIMフリースマホの中では、バッテリー容量が平均的です。3340mAhもあるので高いように感じるかもしれませんが、SIMフリースマホであれば、3500~5000mAhのものが増えているため、それほど特別な数値ではありません。
次に注意しないといけないポイントは、HUAWEI P30 liteは「防水性能、おサイフケータイ」に問題があるところです。HUAWEI P30 liteだけでなく、すべてのSIMフリースマホで注意したほうが良いとされていて、SIMフリースマホが安い理由は、これらの機能が導入されていないからです。
特に防水性能は重要で、今では「IPX7」の防水性能を持つSIMフリースマホが増えてきました。このようなSIMフリースマホほど壊れにくい、水に強い、機能がダウンしないなどの強みがあるため、外出中もスマートフォンを良く使っていく予定の人は、HUAWEI P30 lite以外のSIMフリースマホを選んだほうが良いでしょう。
その代わりHUAWEI P30 liteは、次のような他のスマートフォンにはない機能を備えています。HUAWEI P30 liteは、「画角が120度もある超広角レンズ搭載」となっているスマートフォンです。
今では良く超広角レンズを目にすることが増えてきました。ですがHUAWEI製スマートフォンはレンズにも力を入れているため、SIMフリースマホでは体験できないような「広大な写真にも対応できる」メリットがあります。
風景写真など、自然そのものを被写体にすることが多い人であれば、HUAWEI P30 liteとの相性は抜群と言えるでしょう。補足となりますが、ハイエンドモデルスマートフォンであれば、超広角レンズ・マクロレンズといった、最新レンズを搭載しているものが多いので、HUAWEI P30 liteのみこれらのレンズを備えているわけではありません。
ただし、HUAWEI P30 liteとの価格差では5万円以上になるものが多いため、コンパクトサイズに近く、機能が充実しているスマートフォンを求めている場合は、HUAWEI P30 liteを選ばれたほうが良いです。HUAWEI P30 liteのその他の特徴ですが、「フルHDのディスプレイ、雫型ノッチ採用」となっているため、従来のスマートフォンよりもHUAWEI P30 liteのほうが、ディスプレイをダイナミックに利用できるようになっています。
そのため、あえてHUAWEI P30 liteを購入されている人が多いのです。”

Leave a reply