ASUSのハイエンドモデル「ASUS ZenFone 6」

“ひたすら性能を追求しているスマートフォンを購入したい場合は、ASUS ZenFone 6がオススメです。
ASUS ZenFone 6は、「8個のコアを搭載したオクタコアCPU」となっているため、処理が重いゲーム・アプリ・動画を利用したい人にオススメできます。CPUは「Snapdragon 855」を搭載しているので、ASUS ZenFone 6は、最新のCPUが搭載されているのも魅力の1つでしょう。
CPUの処理性能ですが、「コア・クロック」を欠かさずにチェックしておいたほうが良いです。コア・クロックが低いものでは、上手く動作しないアプリ・ゲームなどもありますし、後になって性能を改善することもできないのが、スマートフォンの短所です。
ASUS ZenFone 6はメモリも素晴らしく、スペックは「RAM6GB、ROM128GB」となっています。最近になって、メモリ性能を追求しているスマートフォンが増えてきました。
メモリ性能とは、CPUの処理性能をサポートする機能のことで、一時的にデータの処理をサポートする性能をメモリ性能と言います。そのため、メモリ性能を表すRAM・ROMは重要で、特にRAMをチェックするようにしましょう。
RAMは「4GBが標準」、「6~8GBのものが高い」ことを知っていると、最新スマートフォン選びで損をすることがありません。ROMは64GB以上のものであれば、最新の3Dゲームあってもサクサクと動くでしょう。
そもそもASUS ZenFone 6は、処理の重いアプリに対応しているスマートフォンとして有名です。そのため、最新3Dゲームをノンストレスで楽しみたい場合も、ASUS ZenFone 6を選ぶだけで問題ありません。
ASUS ZenFone 6はカメラ機能も充実していて、「フリップカメラ」によって、レンズ角度を0~180度の間で動かせるようになっています。ASUS ZenFone 6のフリップカメラは、「モーショントラッキング」という機能によって、被写体を自動で追尾することが可能になっているため、写真撮影が苦手という人でも、ASUS ZenFone 6であれば上手に写真撮影を行えるのです。
ASUS ZenFone 6は画面占有率も高く、画面占有率は「92%」となっています。このようなことが可能になっているのは、「オールスクリーンナノエッジディスプレイ」採用となっているからです。
オールスクリーンナノエッジディスプレイ採用のスマートフォンは、従来のスマートフォンとは違い、「迫力ある映像・動画」を楽しめるようになります。そのため今では、迫力あるゲーム作品をより良くするために、あえてオールスクリーンナノエッジディスプレイ搭載スマホを、購入する人が増えてきました。”

Leave a reply