AI処理能力がとにかく高い「AQUOS R3」

“最新のスマートフォンの中でも、注目株となっているAQUOS R3ですが、AI処理能力以外にも目をみはるものがあります。
AQUOS R3の基本スペック情報ですが、「本体サイズは約156mm、約74mm、約8.9mm、画面サイズは約6.2インチ、重量は185g」となっているので、AQUOS R2の頃に比べると画面サイズが小さくなり、重量アップになっているスマートフォンです。ですが、「CPUはQualcomm Snapdragon 855、RAM・ROMはRAM6GB、ROM128GB」となっているので、優秀な性能を誇るスマートフォンというのは間違いではありません。
そんなAQUOS R3の中でも注目されているものが、カメラ性能です。AQUOS R3は、「アウトカメラがデュアルカメラ、標準は約1220万画素、動画専用は約2010万画素、インカメラは約1630万画素」となっているので、他のハイスペックスマートフォンよりも高性能となっています。
次に、「AI処理能力200%向上したAQUOS R3」という評判について、なぜ注目されているのかをピックアップしていきます。そもそもAQUOS R3は、AI処理能力だけでなく、スマートフォンの処理能力の要となるCPUが、30%も向上しているスマートフォンなのです。
最新のスマートフォンでも、必ずCPUが良くなると約束されているわけではありません。そんな状況下でAQUOS R3はCPU性能を向上させ、しかもAI処理能力も向上させているのです。
そして、AI処理能力が200%も向上したことによって、「AQUOS R3 AIオートモード」という機能を使えるようになりました。こちらは、AQUOS R3に設けられている多彩なモードを使い分けるなど、ユーザーの補助を行ってくれる機能です。
例えば、AQUOS R3に搭載されているものではポートレートモードとの相性が有名です。AQUOS R3の場合、人物撮影の時に背景をぼかすような処理が可能なため、人物のみハッキリと写すといった、プロのような写真撮影が可能となっている最新機種となっています。
その際には、柔らかい感じで映像がボケるようになっているので、慣れるまでは違和感があると感じるユーザーもいます。ですが、何もしないでも自動的にポートレートモードを使用できるのは素晴らしいということで、AQUOS R3を手放せなくなるユーザーは数多くいるのです。
カメラ性能の補足となりますが、AQUOS R3リアカメラは解像感も悪くありません。というのも、従来のスマートフォンと比べると、AQUOS R3の方がハッキリとした描画になるからです。
しかもAQUOS R3は、「光学式手ぶれ補正機能」も搭載されているので、通常の写真撮影では、手ブレしない写真を撮影することができるすぐれものです。”

Leave a reply