「全員リモートワーク」が今では普通なのかも

株式会社働き方ファームが「職場=チャット」にした理由とは?「チャットが職場です」株式会社働き方ファームの従業員数は約30名ほとです。しかし、渋谷区にあるオフィスはほぼ無人となっているのです。代表の石倉秀明さんが、郵便物回収や宅配便受け取りのためにときどき立ち寄る程度ということです。同社のスタッフは全員がリモート勤務となっていて、中には東京に住んでいない人もいるというのです。業務上の社内コミュニケーションは、すべてチャットで済ませます。定例ミーティングや相談事の共有などもオンラインツールを使って行われるのだということです。石倉さんは自社のビジョンをこう語ります。「100人いたら100人がオンラインで働くという選択肢を持てるようにしたい。時間や場所に縛られずに働き、役割と結果によって正当な評価がされる。それが当たり前の世界になればいいと思うんです。当社ではそれを実践していますが、オンラインだから不都合…ということは全く起こっていません」採用実務の多くはリモートでも可能ということです。そこで、採用アウトソーシング事業を立ち上げ、リモートワークで働く30人体制ができあがりました。

Leave a reply