カメラを見ながら遠隔操作、畜舎洗浄ロボット向け遠隔操作システムを開発

アスラテックは2018年5月28日、中嶋製作所の畜舎洗浄ロボット「クレバークリーナー」向けに、ロボット遠隔操作システムを開発したと発表しました。新開発の遠隔操作システムは、アスラテックの遠隔ロボットコントローラー「V-Sido WebConnect(ブシドー・ウェブコネクト)」の技術を活用しています。V-Sido WebConnectは既存のロボットを遠隔制御できるコントロールボックスで、ロボットへのコマンド送信や映像などの送受信がインターネット経由で行えるということです。畜舎内を自動で洗浄するクレバークリーナーは、従来は記憶させた動作を再現する自動運転や有線コントローラーで制御していましたた。今回、新たな遠隔操作システムを導入したことで、畜舎などに設置したカメラの映像を確認しながらクレバークリーナーを遠隔操作できるようになりました。このシステムによって、これまで人力に頼ってきて畜舎の洗浄がロボットによるきめ細かな作業を行われることで畜舎の衛生管理システムが飛躍的に向上することが見込まれます。

Leave a reply