スマホの電波が体に有害って本当?

アメリカ・カリフォルニア州の公衆衛生局が、現地時間12月13日、携帯電話から発される電磁波からの影響を、減らす方法をまとめたガイドラインを発表しました。
○スマホの電波が体に有害って本当なの?
現時点では「スマホの電波が体に悪影響を及ぼす」という証拠はありませんが、CPDHは健康に悪影響を与える可能性が高いとして、携帯電話との在り方について警告しています。
電磁波の影響を警告したガイドラインには、最近、アメリカでの携帯電話の使用が劇的に増えていると語っていて、スマホの長期的かつ高い使用率は、人の健康に影響を与える可能性がある事がわかっています。
さらにCDPHのディレクターであるカレン・スミス氏は、子供と大人の両方で、スマホから放出される電波からの被爆を減らすのに役立つ方法として、ガイドラインの中で次のように述べています。
・寝る時はベッドから離れた位置に置く
・スマホをポケットに入れない
・音楽を聴く
・動画を見る際の携帯電話使用を控える
・通話中でない時は、ヘッドセットを外す
・無線周波数エネルギーをブロックすると謳う製品を避ける
これらの製品は、実際には被害が増加する可能性があるためです。

ちなみにアメリカでは、その他の団体もスマホによる「電磁波」の影響を警告しています。
例えばコネチカット州公衆衛生局も、同様の推奨を2015年に発表しています。
○携帯電話の電磁波による影響は本当にあるのかという疑問?→意見が分かれている
スマホが発する電波の有害性に関しては、以前より意見が分かれています。
一部科学者の間では、携帯電話はデータ信号の送受信を行う時、無線周波数エネルギーを放射するため、このエネルギーが人間の健康に有害だとする意見があります。
しかしこれに関しては明確な研究結果があるわけではありません。
科学界においても、携帯電話使用のリスクについては合意に至っていないとのことです。詳しくはこちら

Leave a reply