スマホゲーム「どうぶつの森 ポケットキャンプ」が絶好調?

任天堂は11月21日、グローバルで配信をスタートさせたスマホゲーム「どうぶつの森 ポケットキャンプ」で、公開からたった9日間で総課金収益のうち、86%と9割近く、日本のプレイヤーが占めている事が明らかになりました。
○日本人ユーザーが圧倒的にダウンロード数が高い!
1回のダウンロードについての課金額も、日本人ユーザーが圧倒的に多いです。
アメリカの調査会社Sensor Towerが発表しました。
Sensor Towerによると、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」は、11月27日までの6日間で世界1500万ダウンロードを突破しました。
公開から9日間の収益はおよそ1000万ドルにも上ります。
課金額トップは日本が(86%)、2位は米国(11%)という結果です。
一回のダウンロード当たり課金額を国別に見てみると、日本は約466円、2位のカナダは28円の16倍以上にもなっています。
日本だけがずば抜けています。アメリカは7位で約13円です。
任天堂がこれまでに発表したスマホのゲーム「ファイアーエムブレム ヒーローズ」は、公開から9日間で約3300万ドルにもなります。
「スーパーマリオラン」は約2400万ドルの課金収益を上げていたとされ、「どうぶつの森ポケットキャンプ」の利益は、現在で他の2ゲームに劣っています。
詳しくはこちら

Leave a reply