元交際相手の女性のスマホを遠隔操作?

スマホを遠隔操作して、メールの閲覧ができてしまうアプリを、交際していた女性のスマホに不正にインストールしていたとして、熊本県警は11月29日、福岡県大牟田市新地町、会社員大菅義明容疑者(33)を、不正指令電磁的記録供用容疑で逮捕しました。
しかし本人は交際相手の女性から承諾を得ていたと、一部否認しています。
○元交際相手のスアホに遠隔操作アプリを無断でインストール?
警察によると、大菅容疑者は9月8日と同19~20日の2回、当時交際していた熊本県の20代女性のスマホに、遠隔操作できるアプリを2種類無断でインストールしていた疑いを持っています。
○9月には破局していた?
二人の交際は9月末に終わっていたといいますが、その後も大菅容疑者から女性の元に、「~にいるだろ」などと、居場所や行動を監視しているかのような不気味な連絡が相次いだといます。
10月上旬には女性の友人にも同様の電話があり、友人が警察に通報します。
○使用されていた遠隔操作アプリを監視に悪用していた?
使用されていた遠隔操作アプリは、本来盗難用に開発されたものですが、スマホの現在位置をお知らせる事ができる他、他人に見られたくないデータを消去できる機能があります。
その一方で、無音で写真や動画を撮影する機能まであり、メールや通話履歴まで確認する
事ができるといいます。
今後も、スマホの遠隔操作アプリが、ストーカーに悪用される被害も出ていることが懸念されています。参照URL

Leave a reply