趣味でつながる1対1の通話アプリ「Otofu」の魅力に迫る!

8月 12th, 2022

“周囲の友人に自分と同じ趣味の人がいなくても、今時はSNSで簡単に同じ趣味の友人を見つけることができます。今回株式会社ドワンゴは、趣味でつながる1対1のスマホ向け通話アプリ「Otofu」のサービス提供をスタートさせます。いったいどのようなアプリなのでしょうか?まとめてみましょう。
【Otofu(オトウフ)とはどんなアプリなの?】
2022年4月23日から提供される趣味でつながる1対1の通話アプリです。家族や友人でもない誰かと、ただ純粋に話がしたいという気持ちを埋めることができる無料音声通話アプリになります。ユーザーはアニメ、ゲーム、スポーツ、ライブ、アイドルなど趣味が合う人を気軽に指名して、1対1限定で音声のみのコミュニケーションを楽しむことができます。
1回の通話は最大7分で、同じ相手との通話は週に1回までの設定になっています。知らない相手と初めて話すのは抵抗がある…という人でも、1回7分間という時間設定があるので、切るタイミングを気にすることなく通話を終了できるでしょう。また同じ相手は週に1度だけしか話せないので、色々な相手と話すことができるのも魅力です。次の予定までちょっと時間がある…という場合など、空き時間、すき間時間に気軽に利用できるでしょう。ちなみに1日発信回数は4回までとなっています。
【発信回数や通話時間を増やすこともできる?】
サービス内の有償ポイントを利用すれば、1日4回までとなっている発信回数や、7分間の通話時間を話すこともできます。通話中にギフト演出を使って、会話を盛り上げることもできなど様々なサービスを利用できるでしょう。
さらに通話延長やギフトを使うと、使用された側に売り上げの一部がチップとして付与される仕組みです。付与されたチップはLINEポイントに交換できるのも魅力ですね。
【プロフィールをカスタマイズできる楽しみもあり!】
OtofuではTwitter、Google、Appleのアカウントで連携を行い、アバターやニックネーム、話したい内容(カテゴリやタグ)を自分で選択して、プロフィールをカスタマイズすることができます。タグは利用者自身でオリジナルのタグ登録をすることも可能です。
プロフィールを登録したら早速趣味の合う人と話をしてみましょう。アプリ下部の「待受ボタン」から通話設定を行い、「ON」にすることで他ユーザーからの着信を受けることが可能です。自分から通話したいという場合には、ホーム画面や検索結果に表示される「待受ON」状態のユーザーの中から相手を選択してみましょう。
趣味が同じ人であれば、話す相手の事を知らなくても共通の話題で会話は盛り上がること間違いなし。近くに趣味の話で盛り上がれる人がいない…とお困りの方はぜひ「Otofu」を試してみて下さいね。”

5G対応スマホの「SHARP AQUOS V6 Plus」とは?

4月 21st, 2022

“5Gとは4Gにかわる新しい通信技術のことをいい、超高速通信で超低遅延などを可能にしていますので、多くのものがインターネットにつながるlotの基盤になるとも言われています。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「SHARP AQUOS V6 Plus」という5Gスマホがあり、極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイや安心して長時間ゲームや動画鑑賞もできる大容量バッテリー、豊富な撮影モードも搭載した高性能カメラや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約21000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約190gといった誰でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとグレーの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度HD+ 1600×720でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは15Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Helio G25 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは64GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、オートフォーカス、電子式手ぶれ補正、デュアルトーンLEDフラッシュ、プロフェッショナルモード、パノラマモード、ハイブリッド光学ズーム、スーパーナイトモード、ビューティーモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12で背面指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「OPPO Reno7 Pro 5G」とは?

2月 26th, 2022

“生活様式を変えてくれる5Gでは大容量データの高速通信や多くの端末に同時接続させることが可能になっています。
その5Gに対応しているスマートフォンには低価格のローエンドクラスから高価格のハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「OPPO Reno7 Pro 5G」という5Gスマホがあり、旅行や長時間のお出かけでも安心して使える大容量バッテリーやタスクを高速かつ効率的に処理する高性能CPU、どんな時間帯でも鮮明で美しい写真が撮影できる高性能カメラやどこでも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/256GBモデルが約67000円でRAM12GB/256GBモデルが約73000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約7.4ミリ、重さ約180gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはゴールド、オーロラ、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.55インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している4450mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glass5を採用していますし、リフレッシュレートが90Hzに対応していますので、滑らかな表示で安心して楽しめると思います。
CPUはMediaTek Dimensity 1200-MAX 3.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズとソニー製センサーがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ColorOS 12)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「moto g71 5G」とは?

2月 19th, 2022

“信頼性の高い5Gではリアルタイム操作をスムーズに行うことができますので、ビデオ通話やライブ配信だけではなく自動運転や遠隔医療などでも活用されています。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「moto g71 5G」という5Gスマホがあり、見栄えがする美しい写真を撮影できる高性能カメラや最適な動作スピードを発揮する高性能CPU、高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイや長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約44000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約179gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグリーン、ブルー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが60Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 695 5G SM6375 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、LEDフラッシュライト、プロフェッショナルモード、顔認識、ビューティーモード、スローモーション撮影、パノラマモード、ハイブリッド光学ズーム、電子式手ぶれ補正などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(My UX)で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでDolby Atmosやデュアルステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”"Samsung Galaxy S22 Ultrahttps://www.galaxymobile.jp/galaxy-s22-ultra/は、前モデルと比較してデザインを変更し、Galaxy Noteに近い外観を想定しています。S21 Ultraよりも四角いフレーム、カーブしたエッジ、そしてSペンをサポートするだけでなく、フレームに組み込まれたSペンが付属しています。
背面のカメラハウジングもS21 Ultraとは異なり、ハウジングから背面の単体レンズに切り替わっています。前面では、S22 Ultraはディスプレイ上部にパンチホールカメラを集中的に配置しています。”

SIMフリースマホでいまだに売れ筋のモデル2選

11月 19th, 2021

“今では半額で購入することも可能なSIMフリースマホの中でも、特にオススメなモデルが「HUAWEI P30 Pro HW-02L」です。
HUAWEI P30 Pro HW-02Lは、参考価格が「約55,000円」と安くはありませんが、そのぶんだけスペックがよいスマートフォンです。また、今では世界的に売れている中華スマホの影響もあり、中華スマホの多くは「在庫切れが続いている」状況となっておりますので、その影響で中古スマートフォンの人気が上がってきました。
HUAWEI P30 Pro HW-02Lは、Amazonや楽天でも同様の価格設定で販売されており、安い中古スマートフォンでは2万円台で購入できるものまであります。また、今では古いスマートフォンに分類されるのですが、HUAWEI P30 Pro HW-02Lは「高性能カメラ搭載モデル」として世界を席巻したモデルでもあるため、いまだに人気が衰えていない人気モデルなのです。
HUAWEI P30 Pro HW-02Lのスペックですが、「ディスプレイが約6.5インチの解像度はフルHD+(2340×1080)、CPUはKirin980(オクタコア)、メモリは6GB、ストレージ容量は128GB(NMカード256GB対応)、バッテリー容量は4,100mAh、重量は約192g」となります。
HUAWEI P30 Pro HW-02Lのすごいところは、中古スマートフォンとは思えないほどハイスペックスマートフォンであること、そして、カメラ性能についても高いところでしょう。
もし、似たような性能で国産スマホを探している場合は、「SONY Xperia1 SOV40」がオススメです。
SONY Xperia1 SOV40は、価格や性能が中華スマホのハイスペックスマートフォンと酷似しているのですが、SONY Xperia1 SOV40は参考価格が「約57,000円」で、他の中古スマートフォン同様で2万円台で購入することも可能です。
SONY Xperia1 SOV40のスペックですが、「ディスプレイが6.5インチの有機ELで解像度は4K(3840×1644ドット)、CPUはSnapdragon855(オクタコア)、メモリは6GB、ストレージ容量は64GB(MicroSDXC 512GB対応)、バッテリー容量は3,200mAh、テレビのワンセグ、フルセグ両対応、重量は約178g」となります。
中華スマホと比べてバッテリー容量は劣っていますが、美麗なグラフィック、リフレッシュレートを備えているため、SONY Xperia1 SOV40は「ゲーミングスマホとしても優秀」という一面があります。CPUも高性能でおなじみのSnapdragonの最新版が搭載されているので、SONY Xperia1 SOV40はハイスペックの低負荷で動作する最高のスマートフォンと評価できるでしょう。”

ソフトバンクの新ブランド「LINEMO」はドコモのahamoと何が違う?そのメリットとは?

7月 30th, 2021

“ドコモが新料金プラン「ahamo」を展開し、ソフトバンクでも同じように低料金の新料金プラン「LINEMO(ラインモ)」を3月17日からスタートしました。
ではソフトバンクのLINEMOはいったいどのような新料金プランなのでしょうか?
ここではLINEMOの特徴や、LINEMOに乗り換えることによって得られるメリットについてまとめてみましょう。
<LINEMOとは?>
LINEMOはソフトバンクが新たに打ち出した新料金プラン。
月額利用料金は20GBで2,728円(税込み)で、通話は22円/30秒(税込み)の従量制ですが、、1回5分以内の国内通話低額を月額550円(税込み)でオプション追加することもできます。
その特徴と言えば、LINEギガフリーであること。
LINEのトークや通話で使用したギガに関しては月々の20GBにはカウントされないので、LINEユーザーにはとってもありがたいです。
また回線に関しても、ソフトバンクの回線をそのまま使用しているので安定した高速通信で、つながりやすいです。
5G対応にも対応していて、20GB使い切って速度制限にかかっても最大1Mbpsの速度では利用できるので、ちょっとしたインターネット利用であれば不便は感じないでしょう。
<LINEMOのメリットとは?>
・LINEが使い放題
LINEMOの最大のメリットと言えば、LINEが使い放題であること。
LINEのトークや電話、ビデオ通話などでギガが消費されても、その分はカウントされません。
実質20GB以上使えて月額2,728円(税込み)なので、かなりのお得感があります。
この点はドコモのahamoよりお得に感じてしまいますね。
特に頻繁にLINEを使用する人であれば、その恩恵を存分に受けることができるでしょう。
・LINEスタンプが無料で使用できる
LINEMOではLINEが使い放題なだけではなく、LINEのスタンプも無料で使うことができます。
通常であれば月額240円(税込み)かかるLINEスタンププレミアムが無料で使えるので、700万種類以上のLINEスタンプが使い放題。
対象のスタンプは毎月更新されるので、色々なスタンプを無料で積悪ことができますよ。
このLINEスタンプ使い放題に関しては、2021年夏頃からスタートする予定です。
・制限時の速度が速い
大手キャリアと比べてもLINEMOの制限時の速度は速いと言われています。
ドコモ、au、ソフトバンクなど大手キャリアでは、月間のデータ容量を使い切ってしまうと最大速度は128kbpsに制限されてしまいます。
この速度だとサイト閲覧や画像表示にも非常に時間がかかり、ものすごく不便で、ネットの使用にストレスを感じてしまうでしょう。
一方、LINEMOでは月の容量20GBを使い切った後の速度は最大で1Mbps(1000kbps)です。
大手キャリアよりも約8倍の速度となるので、ネットの閲覧は問題なくできるでしょう。
ahamoでも制限時の速度は1Mbpsとなっているので、この点は低料金プランの魅力と言えるかもしれませんね。
・ソフトバンクと同じ通信回線を使用するので安定
低料金のスマホプランの場合、通信状態が気になる人が多いはず。
しかし、LINEMOはソフトバンクのサブブランドという位置づけなので、ソフトバンクと同じ通信回線を使用しています。
そのため、格安料金であっても大手キャリアと同じ安定した通信品質を保てるのです。
初めて大手キャリアから乗り換える!という人でもLINEMOであれば通信も安定しているのでおすすめです。
・違約金や手数料はかからない場合もあり!安く乗り換えが可能
ソフトバンクとワイモバイルからLINEMOに乗り換える場合は、乗り換え時の違約金や事務手数料は一切かかりません。
電話番号をそのまま使って他社に乗り換える場合、MNP転出手数料、事務手数料、違約金などで2万円近い費用が必要となります。
ソフトバンク、ワイモバイルからの乗り換えを検討中の方は、LINEMOの乗り換えが費用的にもかなりお得なのでおすすめです。
・eSIM対応&乗り換え後にすぐに使用できる
LINEMOには物理SIMカードとeSIMカードの2種類があります。
物理SIMカードは一般的なSIMカードで、eSIMカードはスマホにSIMが内蔵された一体型SIMのこと。
eSIMであれば、スマホにSIMカードを入れなくてよいので、契約が完了したらQRコードを読み込むだけですぐにネットが使えるようになります。
eSIM対応のLINEMOはすぐにネットが使用できるので、契約後のネット環境が心配な方にもおすすめです。”

Simフリーの格安スマホには通信制限があるって本当?

7月 15th, 2021

“格安スマホでは契約しているギガ数を超えると速度制限がかかって通信速度が200kbps以下の低速になってしまいます。
低速になるとインターネットがなかなか開かずにイライラする…、メールをすぐに遅れなくて不便だ…などの状況になるでしょう。
では格安スマホ会社の中には速度制限がかからない格安Simもあるのでしょうか?
ここではSimフリーの格安スマホと速度制限についてまとめてみましょう。
Simフリーの格安スマホの中には3日間の速度制限のかかるMVNOと速度制限のかからないMVNOがあるのをご存じですか?
3日の速度制限というのは、直近3日間で一定データ量を超えるとかかる制限のことを言います。
つまり、3日間に使ったデータ量が一定のデータ量を超えてしまうと速度制限がかけられ、月間のデータ量が余っている状態でも低速モードになってしまうというわけです。
さらに低速モード中でも、データ量は変わらずにカウントされてしまいます。
通信制限中にたくさん通信量を使用してしまうと、月々の通信量を使い切ってしまい、いつまでたっても通信制限が解除されない…という状態になってしまうこともあります。
たくさんデータを使用する日がある場合、その後低速モードになってしまう可能性があるので、使用する量には気を付けなければいけませんね。
このことからも、3日間の速度制限がかからない格安Simを選ぶ方がよいでしょう。
3日間の速度制限がない格安スマホ会社には
・楽天モバイル
・mimeo
などがあります。
楽天モバイルは楽天エリアであれば高速データ通信が使い放題です。
さらに月間のデータ量を使い切った場合でも速度制限にかかることなく、低速通信時も最大1Mbpsが使い放題となっています。
mineoはドコモ回線とau回線を持つマルチキャリア対応で、3日間の速度制限もないので利用しやすいです。
毎月1GBだけ無料でデータチャージをすることもできます。
この2つの会社であれば3日間の速度制限を気にせずに利用できるでしょう。
基本的に3日間の速度制限を行っている格安Simは少なくなっている傾向があるものの、一部の格安Simでは現在でも3日間制限が採用されているので、それぞれの会社がどうなっているのか?事前に確認しておきましょう。
また速度制限がかかっていても、一定のデータ量であれば高速通信を利用できる機能「バーストモード」がある格安Simもあります。
高速データ通信容量をすべて使い切った場合、低速通信モードで使用している場合は、通信速度は通常の半分以下の200kbpsとなってしまいます。
しかしバーストモード機能があると、通信開始から一定のデータ量のみ高速通信できるのです。
例えばサイトや画像の読み込みを開始してから少しの間は高速通信となるのでWebサイトの閲覧、画像を開く際などは、バーストモード機能がない場合と比べると読み込みが速いです。そのためサイトや画像の閲覧、LINEやメールの送受信ができるのでストレスが軽減されますし、データ量が小さいプランでも安心です。
このバーストモード機能がある場合、通信量をコントロールすることができます。
バーストモードは格安Sim会社の専用アプリを利用して、通信速度を高速か低速か自分で選んで利用します。
自分で通信容量をコントロールできれば、通信料金の節約にもつながりますよね。
格安スマホを検討している時には、その格安スマホが
・速度制限があるか?ないか?
・バーストモード機能はあるか?ないか?
をしっかりと比較しておくとよいでしょう。”

最高クラスのAndroid端末「Samsung Galaxy S10 Plus」

3月 31st, 2021

“ハイエンドモデルのスマートフォンを持ちたいが、世界的にも評価の高いハイスペックスマートフォンが良い・・・という人は、「Samsung Galaxy S10 Plus」を選ばれたほうが良いでしょう。
Samsung Galaxy S10 Plusは10万円台のスマートフォンの中でも、トップクラスのハイスペックスマートフォンです。つまり、世界的に見てSamsung Galaxy S10 Plus以上のものは見つからないレベルです。世界的に売れているスマートフォンメーカーではiPhone、Samsungは圧倒的に有名なのですが、その中でもGalaxyシリーズで特別視されることが多いものがSamsung Galaxy S10 Plusとされています。
Samsung Galaxy S10 Plusを簡単に紹介させていただくと、Samsung Galaxy S10 Plusは販売開始後の11月から、ずっとトップの地位を堅持しているほどの人気です。アメリカでも注目されているほどのハイスペックスマートフォンで、Android端末全体でも最高クラスと評価されているほどです。
なぜこれほどの人気を得ているのか・・・というと、それは、以前のモデルである「Galaxy S9と比較してもパフォーマンス向上に成功している」からでしょう。
パーツ別でSamsung Galaxy S10 Plusの性能を確認すると、ディスプレイは「6.4インチの大画面ディスプレイを実現、しかもInfinity Oを採用、ベゼルを極限まで無くしている」という、他のスマートフォンメーカーでは真似できないハイスペックとなっています。価格の都合上でこれらのポイントを妥協するのがスマートフォンなのですが、そのようなお約束を破って誕生したのがSamsung Galaxy S10 Plusなのです。
そしてSamsung Galaxy S10 Plusには、「スーパーAMOLEDスクリーンが導入」されています。これにより、今までのスマートフォンでは表現できなかった感動するほどのリアリティが追求されているため、スマートフォンに迫力ある画面を求めているユーザーにとって、Samsung Galaxy S10 Plusは唯一無二の存在となりました。
その他の面でも、Samsung Galaxy S10 Plusは妥協していません。例えば、バッテリー性能は「Galaxy S10+で4,100mAHのバッテリーを搭載」しているのです。ハイスペックスマートフォンはバッテリー性能で妥協していることが多く、平均すると3,000mAhのバッテリー性能が珍しくありません。しかもSamsung Galaxy S10 Plusは、「Adaptive Power Savingモード」により、学習機能によるインテリジェントバッテリーとしても機能するようになっています。
Samsung Galaxy S10 Plusは、「ワイヤレス充電に対応、Qi認定のワイヤレス充電対応の端末を充電できる」ので、他のハイスペックスマートフォンで対応していないことを、自分のSamsung Galaxy S10 Plusだけは対応できる・・・といった、優越感を感じる未来のハイスペックを体験することまで可能です。”

「ZTE Axon 10 Pro 5G」の処理性能、カメラ性能

11月 21st, 2020

“ZTE Axon 10 Pro 5Gは、RAM6GBのためメモリー容量が多いスマートフォンではありません。ですが、ZTE Axon 10 Pro 5GはSIMフリーモデルのため、従来のスマートフォンよりも1万円以上安いのが特徴です。
ZTE Axon 10 Pro 5Gで注意したいことは、「本当にハイスペックなのか」です。ZTE Axon 10 Pro 5Gは、最新SoCとして話題の「Snapdragon 865」を採用しているスマートフォンで、前述のとおりRAMは6GBとなっています。そのため、マルチタスクで運用する場合は限界が生じやすいと思ったほうが良いでしょう。
しかしZTE Axon 10 Pro 5Gは、「ストレージ容量が128GB、最大2TBまで容量を上げることができる」特徴があります。従来のスマートフォンではストレージに問題が生じた・・・、このような悩みを抱えている人であれば、ZTE Axon 10 Pro 5Gと相性が良いかもしれません。
ZTE Axon 10 Pro 5Gの具体的な処理性能ですが、「AnTuTuベンチマーク」の総合スコアでは569117のスコアをマークしています。これはSHARP AQUOS R5G(フラッグシップモデル)とほぼ同じスコアなので、性能はハイエンドモデルと言われているのは根拠のある事実です。
ZTE Axon 10 Pro 5Gの良いところはシンプルに性能が良いだけでなく、グラフィック処理でもハイスペックなところでしょう。そのため、ゲームプレイ時に前述のRAM6GBが気になることは少なく、ほとんどのゲームでストレスを感じることがありません。
ZTE Axon 10 Pro 5Gのカメラ性能ですが、「メインカメラが12~43mmで3段階の画角を切り替えられる」ため、カメラ性能もハイエンドモデルの中では悪くありません。従来の格安スマートフォンというと、バッテリー容量に問題がある、もしくはカメラ性能が旧機種と並ぶ傾向にあるのですが、ZTE Axon 10 Pro 5Gにはその問題が見当たらないのです。
ZTE Axon 10 Pro 5Gのカメラ性能の詳細では、「メインカメラが4800万画素の超広角カメラ、約2000万画素の広角カメラ、約800万画素の望遠カメラ」となっています。そのため、なるべくカメラ性能がしっかりしているスマートフォンを購入したい場合は、ZTE Axon 10 Pro 5Gを選ばれたほうが良いかもしれません。
現在ZTE Axon 10 Pro 5Gだけでなく、5G対応スマートフォンはキャンペーン割引の対象となっています。乗り換えるだけで適用されるキャンペーン割引が多いので、ハイエンドモデルを少しでも安く購入したい場合は、オンラインストアで開催されているキャンペーン割引も含めて、ZTE Axon 10 Pro 5Gを購入するようにしてください。”

Softbankのオススメキッズスマートフォン

11月 15th, 2020

“大人用のスマートフォンも人気が高いSoftbankですが、キッズスマートフォンでは、次のようなモデルがオススメです。
Softbankのキッズスマートフォンで売れ行きが良いものに、Softbank ジュニアスマホがあります。こちらは「様々な端末をカスタマイズできる」スマートフォンで、例えば、子どものゲーム課金をカスタマイズすることが可能です。
子どものゲーム課金といっても、子どもであれば大した金額にはならない・・・と、昔であればそう思われていたのですが、今どきの子どもにとってのゲームは生活に直結しているため、お小遣いをすべてゲーム課金にまわしてしまうこともあります。これは親が厳しく言っても約束を破ってしまう可能性があるため、今では、スマートフォンのキャリアで対応することが増えてきました。
Softbank ジュニアスマホに搭載されている機能も同じで、子どもがゲーム課金にハマってしまうのを防止してくれるのです。その他にも、有害サイトの閲覧をできなくするなど、親にとって管理しやすいスマートフォンとなっています。
Softbank ジュニアスマホは、このようにカスタマイズに優れるスマートフォンなのですが、最近では、「子ども用のホーム画面」に変えられるなど、これからキッズスマートフォンを利用する子どもであっても、直感的に操作できるよう工夫されています。
そのため、子どもは機械音痴かもしれない・・・という場合も、Softbank ジュニアスマホと相性が良いと言えるでしょう。
次に、防犯機能搭載のキッズスマートフォンを求めている人には、Softbank キッズフォン 2がオススメです。Softbank キッズフォン 2はスペックが充実しているキッズスマートフォンのため、今では、スペックのみを求めてSoftbank キッズフォン 2を選ぶ親も増えてきました。
Softbank キッズフォン 2は、防犯機能が複数搭載されているモデルとして開発されています。Softbank キッズフォン 2には「みまもりマップ」の機能が搭載されているため、子どもの居場所を随時把握したい親であれば、Softbank キッズフォン 2は使い勝手が良いと感じるでしょう。
GPS機能によって子どもの居場所がわかり、しかもSoftbank キッズフォン 2は、「ただいま通知機能」まで搭載されているのです。ただいま通知とは、子どもが自宅に帰ってきた際に通知される機能のため、これによって問題なく自宅に到着したことが、親のほうでもわかるようになっています。
このように機能に優れるキッズスマートフォンなのですが、Softbank キッズフォン 2は、「防水・防塵・耐衝撃性能も搭載されている」のが特徴です。キッズスマートフォンの中には、耐衝撃性のみ配慮されていないスマートフォンもあるので、スペック、機能、耐久性に優れるキッズスマートフォンを探しているのであれば、Softbank キッズフォン 2を選ぶようにしましょう。”